音楽



好きなジャンル

クラシック、ジャズ、ボサノバ

 

好きな作曲家

ショパン、リスト、ドビッシーなど

 

音楽と無線

曲を覚えるのは最初楽譜を見ながら練習します。楽譜を見ずに演奏できるようになることを、暗譜といいますが、暗譜できると不思議なことがあります。それは曲を覚えていないのです。

 

では何故弾けるのかと言われると、指が覚えているといった方が良いかもしれません。指で鍵盤を押すことによって音が出ますが、その音によって次の押すべき場所や旋律、メロディーが浮かんでくるのです。

 

無線無理やり音楽と、どのように関係するかといいますと、SSBなどの音声信号では、仮に運用時音楽で妨害されても余程強くない限り、音声と音楽の区別が可能なのです。だからと言って妨害されても困ります。

 

頭の中で音楽を消すことが可能です。逆に音声の混信は除去できません。

 

また、無線では普通は男性が多いので、耳の帯域フィルターを男性に合わせています。

 

女性の声は高く通り易いので聞き安いのですが、子供さんの声は瞬間的に取れない時がたまにあります。

女性かと思って高い方に合わせても取れず、あれっ?と思って聞きなおすともっと高い周波数の位置と気づいてようやく取れたという事がありました。

 

CW(モールス)はまだまだ初心者でまだ下手なのですが、先ほどの指と同じで符号を覚えていませんが手が勝手に動いてくれます。

ですからどちらかと言えばまだパドルより縦ぶり電鍵の方が調子いいみたいです。

 

逆に聴取の方が駄目で、どうしてもリズムが出てしまい、中々パターンで聞き取れません。

 

これらが敢えて言うならば音楽と無線の関係でしょうか?


最近挑戦している曲

ショパン ノクターン作品

 

この曲は映画「戦場のピアニスト」でイントロ部分で使用されてます。

 

第二次世界大戦、ナチスドイツがポーランド進行して、ワルシャワ攻撃を始めた時、主人公が放送局でピアノを弾いているシーンに使われている曲です。

 

ここ6年間一度も弾く機会がなかったため指が凍り付いています。(単なる年のせいか?)

 

 

リスト 愛の夢

 

この曲はリストといえば必ず浮かんでくる曲ですね。知らなくても聞いたら思い出すくらい有名な曲です。

 

優しく、滑らかに弾くのが難しいです。

 

 

この6年間全く弾く機会がなかったために指が凍りついています。(単なる年かも知れませんが)。

 

音楽をして良かったこと

ピアノは鍵盤楽器に属しますが、鍵盤楽器では全ての指を使います。特にピアノの場合は音の強弱まで1本ずつ全てのニュアンスが異なります。

 

パソコンのキーボードを打つのは自己流ブラインドタッチですが、問題なく打つことが出来ます。それは先ほどの指が覚えていると言ったのが良いのかも知れません。1秒に10キーは打つことが可能です。

 

一番音楽以外で役立っているかもしれません。

 

 

オーディオ

オーディオは21歳の時に買ったオーディオが始まりです。

 

スピーカー YAMAHA NS1000M

アンプ    TRIO    9000 150W+150W

プラーヤー VICTOR 

カートリッジ FR-7

 

アンプは今まで何とか使えましたが、故障が増えとうとう修理部品が入手不可能になって、オーディオを聞くことが出来なくなりました。

 

NS-1000Mは今となっては古い音しか出ないかもしれませんが、当時としては、中高音域に透明感のある音でした。低音が少し弱いかもしれません。

放送局のモニタースピーカーとして、使われたこともあるようです。

このスピーカーに向いているジャンルはジャズ系でしょうか、トリオなど少人数のバンド演奏では、音が粒だって聞こえていました。

 

MCカートリッジと組み合わせると聴音外まですっきりと直線的なクリアな音が抜ける感じでした。特に女性ボーカルの曲は良かったです。

 

 

家庭で映画を見るのにサラウンドが主となっていますが、2ch部分がしっかりとしたオーディオであれば特にサラウンドでなくても大丈夫です。

 

とりあえず中古のアンプでも探そうかなと思っています。

 

 

太陽X線
Status
磁気嵐
Status
From n3kl.org
  このサイトについて個人情報の取扱について
Copyright(C) DreamWalker-JP.NET Web Master