地域情報


     

         光市の位置

 

浅江・島田地区
三井地区
光井地区
室積地区
大和地区

光市は青色に囲まれた部分です。個人的な独断と偏見で、気に入っている所や綺麗だなと思う所や、史跡、その他をリンクしています。地図上の地名をポイントしてください。他のHPにもリンクしてます。光市を大きく5分画にしています。まず地区名をクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

 


浅江・島田地区


 
島田川河口
島田川桜並木
中村川桜並木

浅江・島田地区は光市で人口の多い所です。商工業が盛んな所です。島田川の下流域にあたります。浅江・島田地区は河岸段丘となっています。浅江地区は島田川の砂州から出来ています。山陽本線より北側地区が河岸段丘の段丘に相当します。

 

 

 

 

 

 

 


三井地区


 

三井地区は古くは農業中心でした。最近住宅街が広がり、住宅環境が大変良いところです。住宅街の周りにすぐ自然が広がっています。

 

 

 

 

 


光井地区


市の行政が集中している地区になります。市役所、消防署、図書館などが集中している地区です。高等学校が2校存在します。古くは商業が栄えた所でもあります。

島田地区から光井地区にかけては第2次世界大戦までは海軍工廠があり、特攻隊の回天を製造していました。跡地は新日鐵光工場、武田薬品光工場となっています。

 

 

 

 

 

 


室積地区


コバルト台地

室積地区は古くは漁業や、港町として栄えた地区です。象の鼻のように見える半島は象鼻ヶ崎と呼ばれています。元々は島だったのですが、島田川から流れる砂が堆積し、島と陸続きになってしまい出来た半島です。

 

 

 

 


大和地区


古くは農業で栄えていました。日本の初代総理大臣伊藤博文を輩出した所でもあります。光市と合併するまでは大和町でした。

 

 

 

太陽X線
Status
磁気嵐
Status
From n3kl.org
  このサイトについて個人情報の取扱について
Copyright(C) DreamWalker-JP.NET Web Master